Twitter facebook
前へ
次へ

光の世界へー
本展覧会は、ポーラ美術館のコレクションの中から、印象派を代表するモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌからフォーヴ(野獣派)へ、 そして20世紀を代表するピカソまで、西洋近代美術史を代表する作家たちの作品を紹介するものです。ポーラ美術館は、ポーラ創業家二代目・鈴木常司氏が収集した美術品を公開する施設として、 2002年、箱根に建設されました。西洋絵画をはじめ、日本近代絵画や工芸品など、約1万点にもおよぶコレクションを有し、なかでも、印象派から20世紀までのフランス近代美術の コレクションは質・量ともに国内屈指のものです。
■ 展示72作品のリストはこちらから


TOPICS

[祝]入場者50,000人を達成しました。

福島市の大槻さんご夫妻、ありがとうございます。

入場者50,000名 6月22日(金)午前11時30分、入場者が50,000人を達成しました。
50,000人目となったのは、
福島市よりお越しの大槻丈夫さん、郁子さんご夫妻。 テレビユー福島の信国一朗 代表取締役社長と福島県立美術館の早川博明館長から 記念品としてキビタンぬいぐるみと図録が贈られました。 鑑賞を終えて、大槻さんご夫妻は「偶然、5万人目になりびっくりしました。セザンヌやピカソなどどの作品も素晴らしく、中でもルノワールのレースの帽子の少女は一番印象に残りました。」 と話してくれました。
(2018.6.22)



[祝]入場者40,000人を達成しました。

福島市の安田さん、菅野さん、ありがとうございます。

入場者40,000名 6月15日(金)午前11時30分、入場者が40,000人を達成しました。
40,000人目となったのは、
福島市よりお越しの安田宏美さんと娘さんの結理奈さん、 結理奈さんの祖母の菅野敏子さんの3世代でご来場。 福島県立美術館の早川博明館長から 記念品としてキビタンぬいぐるみや図録が贈られました。 鑑賞を終えて、安田さんは「もともと絵が好きということもあり 主人がチケットを購入してくれました。今日は母と娘で鑑賞に来ました。まさか自分が4万人目だなんてビックリです。」 と話してくれました。
(2018.6.15)



[祝]入場者30,000人を達成しました。

鮫川村の鈴木さん、ありがとうございます。

入場者30,000名 6月7日日(木)午前11時、入場者が30,000人を達成しました。
30,000人目となったのは、
鮫川村よりお越しの鈴木香・眞理子ご夫妻。 ラジオ福島丹治睦夫常務取締役総務局長から記念品としてワイドFM対応ラジオと図録などを贈呈しました。 鑑賞を終えて、鈴木さんは「ゆっくり観たい思い、平日に来館しました。 奥行きが深く色彩が豊か。音声ガイドを使って目と耳で堪能しました。」と感想を述べられました。
(2018.6.7)



山田五郎さんが会場から本展の見どころなどを生中継

6/13(水)「Nスタふくしま」(TUFテレビユー福島) 18:15~19:00

山田五郎さん プロフィール

山田五郎 やまだ・ごろう(評論家)
1958年 東京都生まれ
上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。
卒業後、㈱講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。
現在は時計、西洋美術、街づくり、など幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
著者に『百万人のお尻学』(講談社+α文庫)
『知識ゼロからの西洋絵画入門』(幻冬舎)
『知識ゼロからの西洋絵画史入門』(幻冬舎)
『銀座のすし』(文藝春秋)
『ヘンタイ美術館』(ダイヤモンド社)
『人生を面白くする「好きになる力」』(海竜社) 『知識ゼロからの西洋絵画困った巨匠たち対決』(幻冬舎)など
TV :『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)
   :『ぶらぶら美術博物館』(BS日テレ)他レギュラー出演中。
ラジオ :『デイ・キャッチ』(TBSラジオ)他レギュラー出演中。

[祝]入場者20,000人を達成しました。

西白河郡西郷村の大森さん、ありがとうございます。

入場者20,000名 5月25日(金)午前11時、入場者が20,000人を達成しました。
20,000人目となったのは、
西白河郡西郷村のお母さんの大森晴美さんと娘さんの沙織さん。
福島民報社 花見正行 取締役広告・事業担当から 記念品を贈呈しました。
大森さんは、「世界の絵に触れたいと思って。特にモネを観るのを楽しみに来ました。2万人目だなんてビックリです。 」と笑顔で話していました。
(2018.5.25)



「撮影スポット」にモネ《ジヴェルニーの積みわら》を追加しました。

モネ《ジヴェルニーの積みわら》 ご好評いただいている「撮影スポット」。ルノワールに加え、モネ《ジヴェルニーの積みわら》 を新しく追加しました。看板と侮ってはいけません。とっても美しいです。両巨匠の名画にあなたも入り込みましょう。 また、「#ポーラ美術館展福島」「#福島県立美術館」を付けて是非つぶやいてくださいね。 尚、係員はついておりませんので、譲り合いながらの撮影にご協力をお願いいたします。
(2018.5.18)




[祝]入場者10,000人を達成しました。

山形県上山市の菅野さん、ありがとうございます。

入場者10,000名 5月10日(木)午前11時、入場者が10,000人を達成しました。
10,000人目となったのは、
山形県上山市の菅野清治さん、榮子さんご夫妻。
テレビユー福島 信国一朗 代表取締役社長から 記念品を贈呈しました。
鑑賞を終えて、菅野さんは、「作者の人生を感じることが出来た。とても素晴らしい展覧会でした。 」と笑顔で話していました。
(2018.5.10)



[祝]入場者5,000人を達成しました。

喜多方市塩川町の平方さん、ありがとうございます。

入場者5,000名 開幕から1週間の5月4(金)午前11時、入場者が5,000人を達成しました。
5,000人目となったのは、
喜多方市塩川町の平方隆さん、幸子さんと小学3年生の希さんファミリー。
福島県立美術館の鶴見宏幸副館長から 記念品を贈呈しました。
鑑賞を終えて、平方さんは、「娘が行きたいと言っていたので連れてきました。実際に見る作品はどれも素晴らしくて、ぜひ知り合いにも薦めたいです。」と笑顔で話していました。
(2018.5.4)



【終了しました】展覧会ポスターをプレゼント!

「公式図録」(税込み2,200円)をショップコーナーでお買い上げの方に
「展覧会ポスター」をプレゼントをしておりましたが、在庫がなくなり終了となりました。ご了承ください。
(2018.6.8)









展覧会を楽しむポイント1

写真撮影OKの撮影スポット「ルノワールの部屋」

本展出品のルノワール作品8点をひとつのエリアにまとめ、「ルノワールの部屋」をご用意。このエリアのみ写真撮影OKです。尚、写真撮影に関する注意事項は当館で必ずご確認ください。

展覧会を楽しむポイント2

より詳しい解説が聴ける「音声ガイド」

音声ガイド 特製ガイドシート付き「音声ガイド」は
簡単な操作でより詳しい解説がお聴きいただけます。
解説件数23件、
解説時間約40分、
ナレーションは堀井美香TBSアナウンサー。
料金は1台税込み550円となります。
この機会に是非ご利用ください。




展覧会を楽しむポイント3

「ポーラ美術館ショップコーナー」併設

企画展示室出口には、「ポーラ美術館ショップコーナー」がございます。同美術館の豊富なオリジナルグッズをお買い求めいただけますので、この機会に是非ご利用ください。

展覧会を楽しむポイント4

夜間開館

5月23日(水)、6月23日(土)は20:00まで開館。最終入館は19:30まで、常設展は17:00まで。展覧会をゆっくりご覧になりたい方にオススメです!

展覧会を楽しむポイント5

キッチンカー出店【美術館前庭園】

キッチンカー 美術館前庭園にキッチンカーが出店しています。コーヒー、ホットドック、ハンバーガー、パン、ソフトクリーム、クレープなど、日替り出店となります。
出店予定
◆Ezycafe Anya
◆STAND:TRIGGER
◆ふくしま屋台村
◆ら・さんた
◆Lili's cafe
◆ROYAL HILL

福島県立美術館初「撮影スポット」を設置

撮影フォトスポット 県内初公開! ルノワール「レースの帽子の少女」と写真を撮ろう!
「撮影スポット」を美術館エントランスホールに設置しました。

ご家族、ご友人で是非記念の一枚を撮影してください。
また、「#ポーラ美術館展福島」「#福島県立美術館」を付けて是非つぶやいてくださいね。

尚、係員はついておりませんので、譲り合いながらの撮影にご協力をお願いいたします。

「福島駅東口直結 エスパル福島にてチケット半券特典」のお知らせ

エスパル福島 各ショップから本展覧会特別プレゼント・サービス

エスパル福島チケット半券特典 エスパル福島では、本展覧会チケット半券をご提示のお客様へ、各ショップからサービス・プレゼント等の特典をご用意しております。 ご鑑賞後には、ぜひ福島駅東口直結のエスパル福島にて、ショッピングやお食事をお楽しみください。 詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

●場所
 福島市栄町1-1 エスパル福島店
●利用期間 2018年4月28日(土)~6月24日(日)
●営業時間 10:00~20:00 ※一部営業時間が異なるショップがございます。
●お問い合わせ 024-524-2711

オリジナルランチ利用券付き前売券 好評発売中

ホテル辰巳屋 レストラン&バー「ロザージュ」の展示作品をイメージした期間限定ランチメニュー

限定ランチ 「本展覧会入場券」と「限定ランチお食事券」をセットにして、「セブンチケット」のみで3,500円 (税込み)で限定発売中。

〔限定ランチ概要〕
● 場所
 福島市栄町5-1 ホテル辰巳屋 レストラン&バー「ロザージュ」
● 利用期間 2018年4月28日(土)~6月30日(土)
● ランチタイム 11:00~14:30
● お問い合わせ 024-563-5230

【終了しました】福島交通「髙速バス乗車券付チケット」発売のお知らせ

高速バス 福島交通では、飯坂線で「ポーラ美術館コレクション当日入館券付フリー乗車券」を発売いたします。 さらに、この飯坂線のセット乗車券と各地を発着する高速バス往復乗車券をセットにした、お得な高速バス乗車券付チケットを発売いたします。 同展開催中は、周辺道路や駐車場の混雑が予想されます。 福島駅東口まで乗換なしの高速バスで一直線、飯坂線で福島駅から美術館図書館前駅まで3分、福島県立美術館は美術館図書館前駅からわずか徒歩2分です。 「ポーラ美術館コレクション福島展」には、ぜひ福島交通の高速バスと飯坂線でお出かけ下さい。
◯この件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
福島交通㈱自動車部 TEL:024-533-2132
福島交通㈱鉄道部 TEL:024-558-4611
■詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
■ホームページはこちらとなります。

【終了しました】福島交通飯坂線「当日入館券付フリー乗車券」発売のお知らせ

福島交通では「当日入館券と飯坂線福島~美術館図書館前間のフリー乗車券」をセットにしたお得な乗車券を発売いたします。また、 すでに同展の前売券・招待券をお持ちのお客様には、飯坂線福島~美術館図書館前間のフリー乗車券のみを発売いたします。 同展開催中は、周辺道路や駐車場の混雑が予想されます。 飯坂線なら福島駅から美術館図書館前駅まで3分、福島県立美術館は美術館図書館前駅からわずか徒歩2分です。 「ポーラ美術館コレクション福島展」には、ぜひ飯坂線でお出かけ下さい。
◯この件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
福島交通㈱鉄道部
〒960-0241 福島市笹谷字古屋前2-5
TEL:024-558-4611、FAX:024-558-4884
(営業時間:平日8時30分~18時10分。営業時間外は桜水駅につながります。)
■詳しくはホームページをご覧ください。

【終了しました】宮城交通高速バス「仙台〜福島線」おトクなセット券販売のお知らせ

「高速バス2枚綴回数券+福島県立美術館入館券+福島交通飯坂電車1day乗車券(福島駅~美術館図書館駅間)合わせて大人3,100円となり、個別で購入するより380円おトクです。この機会に高速バスで選び抜かれた珠玉の作品を楽しみにおでかけしてはいかがでしょうか。
詳しくは宮城交通のホームページをご覧ください。

「まちなか美術講座」を開催

福島県立美術館学芸員が19世紀後半から20世紀前半までのフランスの美術や文化を解説

福島大学行政社会学部・行政政策学類創設30周年記念事業プロジェクト「まちなか美術講座」を4月7日(土)から5回にわたり、下記の日程でMAXふくしま4階アオウゼにて開催します。 講座では毎回、本展覧会出品作家・作品を中心に、19世紀後半から20世紀前半までのフランスの美術や文化について解説します。連続講座ではなく、 毎回異なる内容となりますので、一回のみでのご参加でもお楽しみいただけます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

開催 期日 時間 会場 講師 内容
1回 4/7(土) 18:30~20:00 視聴覚室 伊藤 匡(福島県立美術館学芸員) 印象派画家たちの冒険:モネとセザンヌ
2回 4/21(土) 14:00~15:30 視聴覚室 荒木 康子
(同館学芸員)
ピカソー新しい視覚の誕生
3回 5/12(土) 18:30~20:00 視聴覚室 田村奈保子
(福島大学教授)
市民生活の変化と絵画の中のモード
4回 5/19(土) 18:30~20:00 視聴覚室 坂本 篤史
(同館学芸員)
古典彫刻とルノワール
5回 6/16(土) 14:00~15:30 大活動室 橋本 恵理
(同館学芸員)
前衛の舞台:モンマルトルとモンパルナス

※ 聴講は無料です。事前登録の必要はありません。
※ タイトル・内容の詳細は変更となる場合がございます。
※ 各回定員は50名です。満席の場合は入場を制限させていただく場合がございます。
※ 事前予約は不可とさせていただきます。
※ プレスリリースはこちらから
※ PRポスターはこちらから

INFORMATION

観覧料金(税込)

種別 一般 大学生・専門学校生 小・中・高校生 小学生未満
前売券 1,100円 900円 500円 無料
当日券 1,300円 1,100円 650円 無料

  1. 展覧会の観覧券で常設展も併せて鑑賞ができます。
  2. 福島県立美術館の年間観覧券で、展覧会を鑑賞できます。
  3. 20名以上の団体は、前売り料金と同額となります。
  4. 館内の混雑が予想されるため、団体来場者様への解説などは行っておりません。
  5. 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は企画展・常設展とも無料(それぞれ第1種または1級の場合は付添いの方1名も無料)
  6. チケット購入の際には、学生証のご提示をお願いします。

展示内容

ポーラ美術館が所蔵する19世紀後半の印象派から20世紀までのフランス近代美術。なかでも、ルノワールの《レースの帽子の少女》をはじめ、 モネの《ジヴェルニーの積みわら》、セザンヌの《砂糖壷、梨とテーブルクロス》、ピカソの《母子像》など、同美術館を代表する人気の作品を展示します。 この貴重な機会を是非ご堪能ください。 福島県立美術館でお待ちしております。

出品作家

◊ カミーユ・ピサロ(1830-1903)
◊ ポール・セザンヌ(1839-1906)
◊ クロード・モネ(1840-1926)
◊ ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841-1919)
◊ ポール・ゴーガン(1848-1903)
◊ アンリ・マティス(1869-1954)
◊ パブロ・ピカソ(1881-1973)など。
<計20作家、珠玉の72作品>


  • 福島県立美術館
  • テレビユー福島
  • 福島民報社
  • ラジオ福島
  • ポーラ美術館
ページのトップへ戻る