前へ
次へ


展覧会開催まで






本展覧会は、ポーラ美術館のコレクションの中から、印象派を代表するモネ、ルノワールをはじめ、ポスト印象派のセザンヌからフォーヴ(野獣派)へ、 そして20世紀を代表するピカソまで、西洋近代美術史を代表する作家たちの作品を紹介するものです。ポーラ美術館は、ポーラ創業家二代目・鈴木常司氏が収集した美術品を公開する施設として、 2002年、箱根に建設されました。西洋絵画をはじめ、日本近代絵画や工芸品など、約1万点にもおよぶコレクションを有し、なかでも、印象派から20世紀までのフランス近代美術の コレクションは質・量ともに国内屈指のものです。

INFORMATION

観覧料金

観覧料金(税込)一般大学生
専門学校生
小・中・高校生小学生未満
前売券1,100円900円500円無料
当日券1,300円1,100円650円無料
  1. 展覧会の観覧券で常設展も併せて鑑賞ができます。
  2. 福島県立美術館の年間観覧券で、展覧会を鑑賞できます。
  3. 20名以上の団体は、前売り料金と同額となります。
  4. 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は企画展・常設展とも無料(それぞれ第1種または1級の場合は付添いの方1名も無料)
  5. チケット購入の際には、学生証のご提示をお願いします。

展示内容

ポーラ美術館が所蔵する19世紀後半の印象派から20世紀までのフランス近代美術。なかでも、ルノワールの《レースの帽子の少女》をはじめ、 モネの《ジヴェルニーの積みわら》、セザンヌの《砂糖壷、梨とテーブルクロス》、ピカソの《母子像》など、同美術館を代表する人気の作品を展示します。 この貴重な機会を是非ご堪能ください。 福島県立美術館でお待ちしております。

出品作家

◊ カミーユ・ピサロ(1830-1903)
◊ ポール・セザンヌ(1839-1906)
◊ クロード・モネ(1840-1926)
◊ ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841-1919)
◊ ポール・ゴーガン(1848-1903)
◊ アンリ・マティス(1869-1954)
◊ パブロ・ピカソ(1881-1973)など。
<計20作家、珠玉の72作品>

  • 福島県立美術館
  • テレビユー福島
  • 福島民報社
  • ラジオ福島
  • ポーラ美術館
ページのトップへ戻る